開業に適した時期

開業(オープン)に適した時期

パソコン教室の開業に適した時期

一般的に、開業(オープン)に適した時期は、春か秋に目標設定すると良いでしょう。

その根拠は、オープン当初の講座ラインナップで集客できるお客様のほとんどは、法人ではなく個人(一般)の方々です。ならば、一年を通して比較的 学習意欲が上向く春か秋にオープン日を設定する事は理にかなっています。

他にも、新年度スタートとなる春の就活・転職の時期と重なることや、社内の人事異動などにより、不足しているパソコンスキルに注目が集まる時期とも一致します。春と比べれば、多少需要は下がりますが秋も同様な理由からパソコンスキルに注目が集まる時期です。

当然のことながら、このオープン日を目標として、開業地域に向けた何らかの広告活動(販促)が必要となりますので、準備期間には、そうしたパソコンスキルの向上や教室サイトの制作、教室案内やパンフレット類の作成、オープン時の広告計画などを、準備~実行してゆかなければなりません。

それでは、春か秋にオープン日を設定したとき、一体どれくらいの準備期間が必要なのでしょうか?

これまでの開業者の方々の動向を見てみると、そのほとんどは、3ヶ月~6ヶ月の準備期間を設けられてオープンを迎えられております。

比較的にパソコンスキルには自信があるオーナーであれば、およそ3か月ほどで開業されており、自信が無い場合は、半年=6ヶ月ほど余裕をもって準備される場合が多いです。

上図に表記されている「準備開始」の時期を是非、参考にしてください。