立地と商圏保護

立地と商圏(加盟手続き方法)

加盟手続きをしていただく段階になると、すでに開業地が決まっている場合が多いですが、立地や商圏は、経営の未来を大きく左右する重要な要素です。
自宅開業でなければ、賃貸物件を選定し開業することになります。

立地

パソコン教室という職種を考えたとき、果たしてどのような立地が良いといえるのでしょうか。

まずは参考程度にお近くのパソコン教室を見てみましょう。パソコン教室には、駅前立地、商業施設立地、繁華街立地、郊外立地、住宅街立地など実にさまざまな場所にありますね。では今度は別の見方をしてみましょう。先に挙げた事例の立地にあるパソコン教室であれば、それぞれどのような受講生たちが来られるでしょうか?

実は….教室によって生徒層には傾向のようなものがあるのです。例をあげるならば、駅前立地ならOLやサラリーマン層が訪れますが、郊外や住宅地だと、あまり来られません。このように、どのような立地で開業するかで、獲得しやすい層と、しにくい層が決定づけられてしまいます。

自教室がどのような生徒層をターゲットにしたいのか、そのターゲットは商圏内に十分な人口を持っているのか、さまざまな角度から検討して、よりよい立地を決めることになります。

商圏

MNJでは、いち教室の商圏範囲をおよそ5万人レベルの人口エリアと捉えております。

商圏というと何となく地図上に(教室を中心にして)コンパスで同心円を描いてみたくなりませんか?実際の商圏は、描いたような円にはなりません。様々な要因によって、普通はいびつな形になっているものです。実際は、入会された受講生の住所から、分布図を描いて解ることですが、オープン前にそれを想像するのは容易なことではありません。

たとえば不特定多数の人が集まるポイントとして、駅前や商業施設があげられます。そして集まった人は どのように移動し どのように帰宅されるのでしょうか。生活に密着した人の行動パターンをいろいろな角度から予見すると、教室の立地や商圏が、その動線上にあるのか、動線から外れたところにあるのか解ってきます。

また、人が習い事に通う場合、通学時間として許容できる範囲は、およそ(ドアツードア)30分圏内といわれます。つまりこの徒歩や自転車や車で20~30分圏内を、教室の商圏として想定してみましょう。地図上に色々なことが見えてくると思います。